People

代表

“Tatsuya Kunii” クニイ タツヤ

          『Fishbank Tokyo』『International Cuisine Subzero』『Restaurant Danzero』でのレストラン・マネジメントを経て、レストラン業界では当たり前である素材を生かした料理が、日常的な食事となる弁当・中食業界では非常識であることに気付く。炭水化物や脂質中心の『栄養の偏った商品』や、保存料や着色料などを用いた『添加物ばかりの商品』、また外国産食材や冷凍食品など『安さを追及する商品』が社会に氾濫し過ぎていることに強い疑問を感じ、その対極にあるオーガニック・無農薬・減農薬といったできるかぎり『自然な素材』を主に用いた商品にこだわるお店『Veggiecups』を創業。
健康を考えるのであれば『日々の食事にこそ意識すべきである』ことを第一に、安心・安全な素材・調味料を用いた『素材を生かしたデリ(お弁当)』を作れば、喜んでくれるお客様がきっといる、そう信じて日々の業務に全うしています。
 

Agricultural Producer

※当店で取り扱う食材を支える生産者様・団体様となります。
 

Vege Plomo

http://www.rakuten.co.jp/shingao-yasai/
          グラパラリーフは、光・温度が適切にコントロールされたハウス内で、通気性と保水性のバランスのとれた培養土に植えられ、年間を通じて農薬をいっさい使用せずに栽培されています。 また、グラパラリーフはプランターで栽培されています。わざわざプランターで栽培されているのは、万が一病害虫が発生した際に、そのプランターを取り除くことで病害虫の拡散を防止するためです。 ひと株ひと株に手間ひまをかけ、安心・安全でおいしいグラパラリーフが生産されています。
 

たかしま生きもの田んぼ米

http://ikimonotanbo.jp/
          琵琶湖の北西部に位置する滋賀県高島市。その湖畔や山あいには、昔ながらの豊かな田園や里山の風景が広がっています。
          栽培期間を通して化学農薬や化学肥料を使用しない、環境保全型の農法によって栽培・収穫された「たかしま生きもの田んぼ米」。
こだわりのお米をぜひともご賞味ください。
 

納豆菌栽培の淡路ゆうき耕房

              株式会社佑宜
http://awajiyuukikoubou.com/
                  納豆菌栽培の淡路ゆうき耕房とは
                  ①栽培方法へのこだわり
より安全性の高い植物性の堆肥を納豆菌、放線菌、嫌気性菌らで充分に発酵、天然資材でのミネラルを強化した有機質を循環させた「納豆菌栽培方法」
                          ②味覚強化へのこだわり
黒糖を土に散布、葉面散布することに、旨味、糖度を上げる「黒糖旨味仕上げ」
                                より手間と時間のかかる『植物性堆肥での土作り』からはじめ健康な土から出来た作物が、当耕房のオリジナルであり、お客様に『より安全に』『より美味しく』『よりヘルシーに』をコンセプトに、楽しく食して頂けるよう日々努力をしております。
     

自然農園Tom

                            千葉県山武郡
                              その土地に生きる植物が土に還ることで土を豊かにし、次の生命を育んでいきます。
                            農薬や化学肥料を使わず、刈り取った雑草や野菜くずを土に還すことで有機肥料も使わず、より自然な野菜づくりをモットーにしています。
 

夢産地とさやま開発公社

http://zibasun.com/shop/item_detail?category_id=158502&item_id=372572
                          地域ぐるみで土づくりに取り組み有機の里づくりの実現に取り組む為、農薬や化学肥料を控えた環境にやさしい農業、安全でおいしい農作物の生産、子供や孫が誇りを持って暮らせる地域づくり、積極的に消費者との交流に務めると言った自然循環型地域づくりに向かって頑張っています。
     

矢口農園

                            神奈川県綾瀬市
                              休耕地や荒地を耕作地として地域を再生する取り組みを行うなか、有機肥料と必要最低限の農薬のみで野菜を栽培。
                                肥料は足りているか?雑草や害虫が野菜の成長を妨げていないか?など常に野菜への気配りを大事にするだけでなく、生産から販売まで一貫して行うことで自分たちの野菜に対し、責任を持つことを信条としている。